「ナグラチーム10周年記念”勝手に映画祭VOL.2” 」

WITH NEW DIRECTORS! 

  • Days

  • Hours

  • Minutes

  • Seconds

日時・会場

【日時】2018年10月27日(土)

<昼の部>12:15開場 / 13:00開始    <夜の部>18:00開場 / 18:30開始

【会場】シネマハウス大塚

 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4丁目7−4−101地図

【入場料】昼の部:¥ 1,300(税込)、夜の部:¥1,300(税込)

※SHOT FILMS四字熟語DVD付きチケット(各回):2,300(税込) ←DVD単品で買うより¥300お得です!!

【チケット】前売り券のご購入はこちらから(予約制・自由席)

※前売り券が完売になった場合は、当日券の販売はございません。

『小世界』上映ページはこちらから!

 

上映作品

【 NAGURA TEAM 10TH記念】『くつ』(NAGURA TEAM制作1作目のリメイク版)

SHOT FILMS四字熟語シリーズ

『二者択一』『本末転倒』『愚問愚答』『絶体絶命 / 起死回生』『魑魅魍魎』

 片山 享  安楽 涼監督作品『 フラワーデイズ』(昼のみ)

安楽 涼 監督作品『 弱者よ、踊れ』(夜のみ)

鈴江 誉志監督 『 インスタントカメラ』

加藤 雅大監督 『ブラックバス』

※出演キャスト・監督による当日舞台挨拶あり

 

作品紹介

「勝手に映画祭」に新進気鋭の映画監督が加わり、さらにパワーアップして帰って来ました!
NAGURA TEAMのShot Films四字熟語シリーズに加えて、NAGURA TEAMが一押しする若手監督の短編を同時上映します。

 

「二者択一」

○出演:守山龍之介、小松もか、朝比奈祐未、他

○あらすじ:夏休み、花火大会に気になる女子、悦子と行く約束をしている昌毅。しかし昌毅は究極の選択をしなくてはならなかった…

★マイアミ・ショートフィルム・フェスティバル2018(アメリカ) セミファイナリスト

第8回伊勢崎映画祭ノミネート作品、第6回MKE映画祭ノミネート作品

「本末転倒」

○出演:高橋未奈、中川勝文、美南宏樹 他

○あらすじ:芸術に憧れる美里は、美術教師·菅野の言葉に感化され、画家を目指し美術の活動に励むのだが、そもそも菅野は全くのデタラメな教師だった。

★第5回MKE映画祭 GEO HYPER MEDIA 賞・Director of Directors賞・いつかこの映画を思い出して笑ってしまうで賞 第3回湖畔の映画祭上映、第16回中之島映画祭ノミネート作品 

 

「愚問愚答」

○出演:安楽涼、出倉俊輔、安達円香、大坪勇太

○あらすじ:放課後の男子トイレ。そこではある取引が行なわれていた。

「絶体絶命・起死回生」

○出演:安達円香、皆川鈴夏、出倉俊輔、大坪勇太、他

○あらすじ:風邪で休んでいたはずの体育教師・五十嵐の異変に気づいたカナとノゾミ達。学校中を逃げ回るが……

 

 

「魑魅魍魎(※鋭意製作中)

脚本: 松本純弥

出演:小松もか、職業怪人カメレオール

 

安楽涼監督作品

『弱者よ、踊れ』

○あらすじ: 突如、東京から岡山へ逃亡した安楽涼。誰にも理由を言えずに、

逃げ出した3日間のポンコツダンス。描いた未来の今。

 片山 享  安楽 涼 監督作品

『フラワーデイズ』

○あらすじ:埼玉の田舎から東京の世田谷区に嫁いだナルミの子育て奮闘記

 

鈴江 誉志監督作品

『インスタントカメラ』

○あらすじ: 都内に住む大学生アサヒは、ある日リュックのポケットから使い捨てカメラを見つける。どこかで見たことがあるような、しかしなぜそれを持っているのかわからない。 翌日、使い捨てカメラを持ち、街の写真を撮っていると…。

加藤 雅大監督作品

『ブラックバス』

○あらすじ:とある女子の日常。
誰かに見られているということに気付かず、いつものように過ごしていたが…。

田口 敬太監督作品

『波紋』

○あらすじ: 世界は無数の偶然によってできている。その偶然と偶然を繋ぎ合わせているものが人間の意志ではないだろうか。例えば、池に投げ込まれた石の波紋。その波紋は偶然によってできたものであるが、そこにはその石を投げ込んだ人間の意志が作用している。人の想いや行動によって偶然は不運な出来事にもなるし、その人の運命を決定づける大事な出来事にもなる。それは奇跡と呼べるものにだってなるかもしれない。

NAGURA TEAM 10th記念作品

『くつ』(NAGURA TEAM制作1作目のリメイク版)

○あらすじ:互いが互いに不等号をつけた時、それは等号と言えるのだろうか?

ご挨拶

それぞれが「やりたいことを自由にやる場」として始まったナグラチーム。

沢山の方々の支え、一人一人の努力、またチームとしても試行錯誤を重ね、さまざまな形で作品を作ってきました。

本年2回目の上映会にあたり、新進気鋭の若手監督と共に映画界に新しい風を吹かせるべく、張り切ってお待ちしております!

2018年9月 NAGURA TEAM